top of page
メディカルダイエット
medical diet

ビクトーザは、GLP1受容体作動薬に分類される糖尿病治療薬のひとつで、GLP1と呼ばれるホルモンを自己注射する事で、インスリンの分泌を促進し、食欲をおさえる事で体重減少を目指します。また、脂肪を抑えられ代謝量が上がるのも期待できる効果の一つです。

こんなお悩みを持つ方に​おすすめ

身体に負担をかけずに体重を落としたい

ダイエットの時間がなかなかとれない

 

通院を最小限にしたい

我慢をせずに痩せたい


普段の食生活が乱れている方

メディカルダイエットの

Benefit of medical diet

インスリン分泌を促進するお薬なので、インスリンそのものを補うインスリン製剤とは異なります。そのため、投与しても低血糖に陥るリスクが低く、食欲抑制の効果が期待できます。 

 

ペン型で自己注射をするお薬です。

Tropical Palm Leaf_edited.png
施術方法

Procedure Steps

​Step 1 - カウンセリング・医師診察

問診票のご記入後、カウンセリング・医師による診察を行います。カウンセリングでは、施術流れとリスクなどをご説明、お肌のお悩みをお聞かせいただきます。その後、医師による診察を行います。カウンセリングと診察で安全により効果的な治療をご提案いたします。

Step 2 - 自己注射の指導

まずは1日0.3mgから投与開始し、食欲抑制が見られなければ、1日0.6mgに増量します。その後食欲抑制が見られなければ、0.9mg、1.2mgと増量していきます。食欲が止まっていれば、その量を維持量として継続していただきます。効果だけでなく、吐き気や便秘などの副作用も見ながら、1回の投与量を決定します。

step 3 - ご自宅で注射

毎日、同じ時間に腹部や二の腕などに自己注射します。ビクトーザのキャップを外し、付属の専用針を装着して、ダイアルを調整して投与量を決めた後に、腹部の柔らかい部分に針を刺して、手元側の部分を押し付けることによって、薬液を注入します。

施術詳細

麻酔20分程度。施術5〜10分程度。トータル約30分程度。初回はカウンセリング・診察があるため1時間程度となります。

治療期間は3ヶ月〜18ヶ月程度を推奨しています。習慣化することでリバウンドの可能性を軽減できます。

本剤はインスリンの分泌量を促進することで血糖値を下げる薬剤であることから、インスリン分泌能のない1型糖尿病の方へは投与は禁忌とされています。

便秘、吐き気、低血糖症状(脱力感や倦怠感)

副作用が出た場合は、無理をせず、医師の指示に症状緩和の薬を処方してもらいましょう。

​・低血糖に陥った時は、糖質を含む製品(飴や角砂糖など)を摂取する事で症状を緩和させることが可能です。症状が続く場合は、ビクトーザの投与量を調整しますので、違和感を覚えたらすぐにご相談下さい。

・妊娠又は妊娠の可能性のある方、授乳中の方は使用できません。

​よくある質問

  • にんにく注射はどんな時におすすめですか?
    肉体疲労時の栄養補給はもちろん、肩こりや腰痛にも効果的です。にんにく注射一本ににんにく50個分のビタミンが含まれています。
  • にんにくの匂いは残りますか?
    注射をしている間は薬剤(アリナミン臭)がしますが、にんにくを食べた時の様に口臭がする訳ではございません。
  • にんにく注射に即効性はありますか?
    にんにく注射は、体内に蓄積された疲労物質を分解する成分を、血液中からダイレクトに全身に届けるため、身体が温かくなったり、その場で体感いただけます。
  • どのくらいの間隔で接種したら良いですか?
    患者間様それぞれの体調によって異なりますので医師にご相談ください。

料 金

✳︎ビクトーザは保険適応外のため、全額自己負担となります。

​ビクトーザ (1回)

¥xx,xxx(税込)

10:00 - 19:00
水曜日
千葉県市川市市川1丁目21−7 クレール市川プラザピコ202
【京成本線】市川真間駅 徒歩2分【JR総武線】市川駅 徒歩5分
bottom of page